イボの見分け方で悩んでいる女性

皮膚のイボには、幾つかの種類がありますが、“老人性イボ”とはどんなイボでしょうか。

“ウイルス性イボ“との違いがあるのでしょうか。
更に、自身で見分ける事ができるでしょうか。

老人性イボとは?

皮膚の良性腫瘍である、脂漏性角化症は、老人性イボ、又は、老人性疣贅と呼ばれております。

皮膚の老化現象による事から、多くの高齢者に見受けられます。

原因の一つとして、紫外線を浴びた事により、メラニン色素の排除しきれない色素が溜まってシミとなり盛り上がり、表面がザラザラしたり硬くなったりする事を脂漏性角化症となります。

又、紫外線による皮膚の老化現象が原因になることもあります。

紫外線を長い期間浴びる事による、光老化という原因にも繋がってきます。

皮膚の表面はゴワゴワになったり、黒くなったりします。

原因には、遺伝性もある事から、20~30歳代からでも発症することがあります。

ウイルス性イボとは?

ウイルス性疣贅もしくは、尋常性疣贅とも呼ばれており、難治性の腫瘍を意味します。
主に、手足や顔にでき、大きさとしては、数ミリや数センチの大きいのもあります。
簡単に完治は難しく、長期間が要し、楽観視をしてはなりません。

痛みは無く、丸く盛り上がるのが、特徴となります。
皮膚の弱い箇所にウイルスの感染によってできるイボは、時間をかけて増えていきますが、人への感染は無いと言えるでしょう。

※「老人性イボ」は紫外線による皮膚の老化現象によってできるイボ
※「ウイル性イボ」は、ヒトパピローマウイルスによってできるイボ

老人性イボとウイルス性イボの見分け方は自身でできる?

老人性イボ・・・顔・首の廻りに特にでき、少しずつおおきくなり、肌色から黒褐色まで様々ある。
ウイルス性イボ・・・手・足の裏に特にでき、他の所にも感染してできる。

老人性イボは、特に痛みやかゆみも無く、治療時間も短期間で完治しますが、再発することが多いので
ケアをすることが大事です。

ウイルス性イボは、悪性の腫瘍となりますので、感染を防ぐ必要性があり、治療期間も長期を要します。
イボが発症しないようにするには、日頃の皮膚を清潔にする事が大事です。

しかし、イボができた時は、自身で取り除かない様、医療機関に係りましょう。
早期治療となり、何より安心が得られます。

老人性イボ、ウイルス性イボも若い年代から発症することもあります。
良く見極めて取りかかることが要求されます。

老人性イボとウィルス性イボの違いや見分け方 補足説明

老人性イボとウィルス性イボの違いや見分け方