老人性イボを説明する医者のイメージ画像

イボには、できる箇所によって症状や治療法などが違ってきます。

例えば、「顔にできるイボ」ウイルス感染、皮膚の老化現象、細胞の悪化即ち皮膚がんの事となります。

更には、首、手、口などにも発症します。

では、「老人性イボ」とは一体何者でしょうか。

加齢と共に発症すると言われ、80歳代ではほぼ大部分の高齢者に発症が見受けられる老人性イボって
何でしょう?の疑問の扉を開けてみましょう。

加齢による老人性イボ!若くても老人性イボができる!老人性イボとは!

イボには尋常性疣贅、足底疣贅、伝染性軟属腫、扁平疣贅、尖圭コンジローマと老人性疣贅の6種類あります。

紫外線の蓄積により、排出する働きが弱くなり、皮膚の下に垢が溜まった状態のシミの事が老人性色素班となり、症状が進むにつれ、塊になりますが、このことを脂漏性角化症と呼ばれ、「老人性イボ」の事を意味します。

皮膚の表面が黒くなったり、ゴワゴワと硬くなったりします。

初めは、1㎜位から徐々に大きくなっていきます。

自然消滅をすることはありません。

紫外線を浴びる事の多い、顔や首回りなどに多く発症します。

紫外線が原因の一つとされている事から、若い年代層も発症することがあります。

長期的に長い間、紫外線を浴びた経験があった場合には、気に留めとく事が大事です。

では、老人性イボと他のイボとの違いは何でしょう?

老人性イボの特徴は、1㎜位から大きくなり、様々な色があり、突き出しているものや平らなものもあります。

一般的なイボは円形で丸く塊が突き出しています。

イボの見分け方は難しいと思われますので、更に良性、悪性の関連性もあります。

老人性イボは自然に無くなるわけでは無いので、イボを見つけたときは、医療機関に行かれる事をお薦めしたいと思います。

皮膚と関係の深い「メラニン色素」は肌の色、髪の色、目の瞳の色などをつくる役目をしています。

紫外線が肌にあたると、メラニサイトによる細胞を守る働きが起きます。

その為、癌の原因にもなっている活性酸素が発生することによって、メラニサイトが吸収・分解をして

できたものがメラニン色素となります。

即ち、メラニン色素が多いと黒くなり、少ないと白く、白髪もその一つと言えるでしょう。

上手く、色素と紫外線とお付き合いをすることが大事ですね。

老人性イボとは、加齢に伴い、皮膚の老化現象によるシミを意味していることとなります。
20代30代でも老人性イボが発症することもあり、遺伝性もあるとのことです。

艶つや習慣の口コミや効果を徹底調査!

「艶つや習慣ってイボに効果があるの?」

「艶つや習慣の悪い口コミやネットでの口コミって実際にどうなの?」

当サイトでは@コスメ、Twitter、インスタグラムでの艶つや習慣の悪い口コミやいい口コミを徹底調査!

艶つや習慣の口コミをぜひ確認してくださいね!

老人性イボの補足説明