老人性イボで悩む女性のイメージ画像

そもそも、“老人性イボ”とは何でしょうか?
皮膚の良性腫瘍の一つとされ、「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも呼ばれております。
特に顔や首回りなどに多く見受けられるイボですが、何故、顔や首回りにできるでしょうか。

加齢も原因の一つになるのでしょうか、20代30代では安心していいのでしょうか。

原因は、紫外線?

大きな原因の一つは、老化現象となります。
80歳代の高齢者にほとんど見受けられるとされている“老人性イボ”加齢と共に増えてきます。

皮膚に紫外線が当たると、表皮にメラニン色素が造られます。
その為、表皮の下にある真皮にまで紫外線を通さないようにメラニン色素がブロックする役目を果たして
おりますが、肌の新陳代謝によって表皮まで押し上げられて垢として排出を致します。

この垢を排出する役目の新陳代謝が加齢によって、弱くなり、メラニンが蓄積することで、シミとなります。
このシミが「老人性色素斑」と呼ばれ、最も多いシミとなります。

脂漏性角化症の原因と言われている、シミの変化によってできる老人性色素班が盛り上がったり、表面が
ザラザラと硬くなったりします。

北海道大学 大学院医学研究院医学部皮膚科の「あたらしい皮膚科学:第2版」にも記述があります。

20歳代から出現し、80歳以上の高齢者ではほぼ全員に認められる。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)という別名が示すように、いわゆる老化により生じる”いぼ”であり、老人性色素斑(しみ)から隆起してくることが多い

紫外線を長期的に浴びると、20代や30代の年代からも発症することもあります。
紫外線の攻略が必要となります。

光老化とは?

長期的に紫外線を浴びて、肌の色も黒くなったり、肌の表面の皮膚がゴワゴワ感で厚くなったりします。
真皮にある、皮膚の張りを保つ組織が壊れる“光線性弾性線維症”の現象が発症し、シミやシワの原因と
されております。

更に、強い摩擦によって発症することもあり、たとえば、タオルで強く拭いたり、刺激のある肌着を着用
したりすると発症することもあります。

遺伝する?遺伝しない?

遺伝をする要因は持っていますので、早ければ、20代や30代でも発症することもあります。
只、多く見られるのは、60代から70代にかけて、80代では大部分とされております。

紫外線を受けない、日光にあたらない、脇の下、脇腹、腹部などにも高齢になると、脂漏性角化症は発症
します。
加齢と共に、表皮の遺伝子に異変が起こるとされています。

一端、シミとなった脂漏性角化症は自然に消えません。

老人性イボできる原因まとめ

老人性イボの原因として、1.紫外線の影響による皮膚の老化現象1.皮膚の張りの組織分解 1.遺伝による
この三つの原因が大きな要因とされております。

艶つや習慣の口コミや効果を徹底調査!

「艶つや習慣ってイボに効果があるの?」

「艶つや習慣の悪い口コミやネットでの口コミって実際にどうなの?」

当サイトでは@コスメ、Twitter、インスタグラムでの艶つや習慣の悪い口コミやいい口コミを徹底調査!

艶つや習慣の口コミをぜひ確認してくださいね!

老人性イボできる原因の補足説明