ウィルスのイメージ画像

最近よく耳にする言葉に“ウイルス”と聞くと、大変重い病気にかかったイメージしませんか。
一体“ウイルス”とは何者でしょう、そして“ウイルス性イボ”とは、ウイルスとの関連はあるのでしょうか。

ウイルスとは?

ウイルスは、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。生命の最小単位である細胞をもたないので、非生物とされることもある

外殻に蛋白質、内部に遺伝子(DNA・RNA)を持つ、生命活動をしない微生物となります。
大きさは、ナノメートルを用いていることから、電子顕微鏡では無いとみることはできません。

例えば、最近よく耳にする“ノロウイルス”は30nmです。
ウイルスは、活きている細胞の中での繁殖になりますので、治療薬としての抗生物質の効力はありません。
例外としては、インフルエンザ-には、抗ウイルス剤(抑制力をもった薬)があります。

“ウイルス性イボ”とは?

「ヒトパピローマウイルス」ちょっと舌を噛んでしまいそうな名前ですね。
ウイルスだけに、繁殖しますので、1個を見つけた時には、すでに繁殖している事となります。

「ヒトパピローマウイルス」とは

パピローマウイルス科に属するウイルスの一つとされ、別名「ヒト乳頭腫ウイルス」とも呼ばれています。

100種類もあり、子宮頸がんの原因の一つとも言われており、ウイルス性イボの原因となるのは、2型、27型
57型になります。

イボと皮膚の関係は

皮膚は常に呼吸をしているため、体温調整や黴菌などのウイルスから守る役目もあり、体全体を外部環境から保護してくれる役目もあります。

皮膚の構造として、表皮、真皮、皮下組織に分類されます。
ウイルスから守る役目もある皮膚ですが、バリア機能の低下によって、ウイルスが皮膚に入ってイボになる事となります。

子供でもイボができる?

特にウイルス性イボは、免疫力が弱い子供にもできる事が多いとされています。
又、怪我をする事が大人より多いことからも皮膚の弱くなった箇所からウイルスが入るとされています。

ウイルス性イボの特徴の一つとして、かゆみが無いこと、痛みが無いこともあって、軽く考えてしまい、
自力で治療しようとして、イボの数を増やす事が多かれあるとのことです。

子供の場合は、免疫力も弱い事もあって、悪化する事が多いとのことですので、早めの医療機関に係ることが
大事です。勿論大人の方も同様です。

ウイルス性イボとは、ウイルスによって、できるイボの事となりますが、大人より子供の方ができやすい。
子宮頸がんの原因とも言われている「ヒトパピローマウイルス」だけに、簡単に考えないで、医療機関に
行かれる事即ち、早期治療が完治に繋がる事となります。

艶つや習慣の口コミや効果を徹底調査!

「艶つや習慣ってイボに効果があるの?」

「艶つや習慣の悪い口コミやネットでの口コミって実際にどうなの?」

当サイトでは@コスメ、Twitter、インスタグラムでの艶つや習慣の悪い口コミやいい口コミを徹底調査!

艶つや習慣の口コミをぜひ確認してくださいね!